障害があっても、ゲームを楽しめる工夫情報を発信します。
ホーム > ニュース> 筋ジスのe-sprotsプロゲーマー:スンヒョンさん

筋ジスのe-sprotsプロゲーマー:スンヒョンさん

2018-03-19 16:36

e-sportsのオリンピックの話題が、聞かれるようになりましたね。障害を持っていても、競技大会に参加できる機会がつくれそうで、これから楽しみです。(*´∀`)
一方で、「そんな素早い動きはできないから、身体障害をもっていて、大会なんて、無理」って声も聞こえてきそうですが、e-sports大国の韓国には、筋ジストロフィーで、有名なe-sportsのプロゲーマが活躍していました。
名前は、バク スンヒョン(Park Seunghyeon:1989年 10月5日〜2013年 5月6日)さん。
WarCraft3(リアルタイムストラテジー)ゲームで有名になった筋ジストロフィーのプロゲーマです。
健常者と比べると十分にキーボード操作を行えていませんでしたが、彼は、2007年頃、名だたる大会で、幾度も優勝や上位入賞を果たしています。

インタビューでは、「障害者としてではなく、一人のプロゲーマとしてみてほしい」趣旨のコメントをしています。また、「三十歳まで生きたい...ゲームができなくなる瞬間がくると、生きるのがとても難しいと思います。」と述べています。惜しまれつつも、2013年に、若くして亡くなっていますが、追悼の記念杯が開かれたり、哀悼の記事を各所で見かけます。

スンヒョンさんのような、プレイヤーが日本でも出てくることを応援したいですね。(*´∀`)

ゲーム この記事のURL


ページのトップへ戻る