障害があっても、ゲームを楽しめる工夫情報を発信します。

海外放送の専用ページで紹介されています!

2019-07-29 11:14

先日、海外版で放映された、eスポーツ八雲チームとiba-shoさんの取り組みですが、反響があったようで、専用HPより、動画が閲覧できるようになりました。
すべて英語ですが、ぜひ雰囲気を感じ取ってください!NO BORDERS IN ESPORTS WORLD | NHK WORLD-JAPAN News

ゲーム esports この記事のURL

僕たちの活動が英語版で放送!

2019-07-24 09:40

海外向けのNHKワールドで放映されるようです。

7月25日(木)
NHK WORLD Newsroom Tokyo 20:00~20:40の中の特集枠
(翌3:00~3:40再放送)
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/programs/#1002
日本からはこちらのURLよりご覧になれます。

20時からの放送が終わってから、暫くしたあとにHPにアップされるかと思います。
放送をリアルタイムで見るためには、NHKワールドのアプリが必要かもしれません。
もしくは、このURLからLIVEが24時間放送されているようです。ご参考までに…
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/Programs | NHK WORLD-JAPAN News

ゲーム esports この記事のURL

ワンライフの中村さん!

2019-06-12 14:48

いつもお世話になっております、群馬のONEGAMEで障害を持つ方へのeスポーツコーチをしている中村さん!
これまで、リーグ・オブ・レジェンドのコーチングとして時折、オンラインでお世話になっておりました。
「わーー。中村さん会いたかったー!」と、中村さんの周りにはすぐに人だかりが!
これも人柄なのでしょう。早速、若手チームのプレイをみていただき、的確なアドバイスをもらいました。夕方には、ベテランチームに混ざって、LOLをプレイ。
楽しそー^_^
当然、恒例のぷよぷよ対戦も。「エグい」発言、連発でした!
これからもよろしくお願いいたします!

ゲーム esports この記事のURL

JESU 岡村会長が来訪!

2019-06-12 13:10

一般社団法人日本eスポーツ連合の岡村会長が八雲に来訪!!(^o^)
eスポーツは、性別・年齢・体格そして、障害の区別なく、一緒の土俵で競えるスポーツです。今はまだ、国内でのeスポーツの認知度をあげるための取り組みを進めている最中。今後、裾野をより広げるために、JESUとしても、障害をもつかたが、実際にどのようにeスポーツに取り組んでいるかを、この目で実際に見なくては話にならないと、遠いところ、足を運んでくれたのこと。
いやー。嬉しいですね。(*^^*)
ちょうどこの時は、若手チームが、リーグ・オブ・レジェンドの練習中。
いろいろな工夫をみていただけました。
「まずは、認知度を高めるためには、みなさんが、公の大会になんらかの形で、参加して皆さんに知って貰う必要がある。」と、アドバイス!

岡村会長は、あのぷよぷよで有名な、(株)セガホールディングスの社長さん。ということで、後半は、ぷよぷよ対決。今回対戦するのは、eスポーツ部の代表の吉成さん。
30分ほどの時間を10試合。勝敗は。。。。
「暑い!」と上着を脱ぎの白熱した試合になりました。

なんでしょう。男同士、拳をあわせると、お互いのことがよく分かる!?感じ。最後は、「日本のe-スポーツ発展の為に共に頑張りましょう!」とエールをもらいました。
私たちも、工夫さえすれば、一緒に楽しさを共有できる機会を持てる。
そんな当たり前のことを、伝えていくために、これからも精進したいです。
岡村会長ありがとうございました!

ゲーム esports この記事のURL

onegameさんの活動

2019-06-11 14:50



ゲーム esports この記事のURL

IKEAがゲーマー向けのカスタム3Dプリント製品を発表

ゲーム esports 3dプリンタ この記事のURL

来院!

2019-06-05 11:27

北海道eスポーツ協会の事務局秀さんと、道南eスポーツ協会の三浦さんが遊びに来てくれました!
ちょうど、若手グループのeスポーツチームの練習をみてもらえました。
ぜひ、北海道で、オンラインで病院にいながらさも参加できる、大会の機会をと考えてくれるそうです!!
楽しみ!

ゲーム esports この記事のURL

こんなときどうするの?

2019-06-02 23:26

若手eスポーツチームの「ありたみかん」さんは、マウスを使う方の手首が固く曲がった姿勢になっています。
そのため、そのままマウスを操作しようとすると、手の重さが、マウスにかかり、思うように、マウスを動かせません。
これまで、それでも、なんとか使っていましたが、指への負担も大きかったようです。
そこで、手首の下に支えをつくり、手の重さをうけるようにしました。
この支えは、スポンジでもなんでもよいのですが、100円店で販売しているソフトワイヤーです。いろいろと形が変えられて便利な一品です。

このように、障害を持つかたが、より自分にあったパフォーマンスを発揮しようとすると、その人にあった適合支援が欠かせません。

ぜひ、もっと、楽にできなかな?と、今の現在の方法を再調整してみてください!きっと、何か見つかりますよ。

ゲーム esports この記事のURL




ページのトップへ戻る